遂に見つけたハイプナイト通販!本家のルネスタを超える

睡眠薬の比較

■ルネスタとは?
アモバンに代わり、海外医薬品の「ハイプナイト通販」で人気薬になっているルネスタですが、その有効成分はエスゾピクロンという薬剤です。ゾピクロンを有効成分とするアモバンが2016年10月に新たに向精神薬に指定されて、何故エスゾピクロンは指定されないのでしょうか?また、アモバンとの違いとはなんなのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います。

■アモバンとの比較!
まず、ルネスタはアモバンの一部分S体といわれる効果だけを抽出して似せて製造された改良薬です。また光学異性体といわれ、ゾピクロンの分子化学構造と鏡像体(別名:ラミセ体)を呈していて、重ね合わせることが出来ない分子構造を持つ似て非なるものなわけです。
効果や作用の特徴を比べると、本剤は副作用が少なく、血中濃度最高値には0.8時間から1時間で達し、半減期がおよそ4時間と短すぎないため、中途覚醒にも効果を示し、安全性にも優れています。そしてこれらが意味することとは、アモバンより緩やかに効きはじめ、抜けるときも穏やかで、離脱症状や依存性の発現も出にくいということです。
以上のことから、超短時間型の睡眠薬の中では、即効性があり副作用は弱いというのがエスゾピクロンの特徴といえます。

■向精神薬に指定されない理由
日本はドイツの現代医学に習って発展してきたわけですが、現在、精神疾患・薬の規定はアメリカに習えとなっているため、USA版向精神指定リストにゾピクロバンが載ったためで、本剤は含まれていないことがその理由です。USA版向精神指定リストに載らない理由としては、本剤が非ベンゾジアゼピン系でシクロピロロン系に分類される睡眠薬である点と、依存性、離脱症状や反跳性の不眠にならないことが臨床データで明らかになったため、制限薬に指定されないようです。
本剤はエーザイから出ている薬で処方箋が必要ですが、ジェネリックのハイプナイト通販薬を買うことも可能で、その場合は安価で、家で待つだけというお手軽感があります。

■ジェネリック薬品
本剤は処方箋薬ですが、その他に個人輸入のジェネリック薬を買う方法が薬事法でも認められた正規の入手方法です。「ハイプナイト通販」と検索にかけて、通販代行サイトを探し、1、2、3mgの規格から選ぶことが可能です。